So-net無料ブログ作成
検索選択

いらいら いろいろ  ~愚痴~ [症状]

今日は仕事でいらいら。。。o(><)oイライラ~ッ!!

帰ってからもいらいら。。。o(><)oイライラ~ッ!!

新しいヘルパーさんに苛立つ。

入ってから1ヶ月くらいになるが、自分が日中いないこと、
年齢の差などで、どうしてもやりとりでかみ合わないことがある。

しかし、何かこうピタッと合うヒトは、最初からそう何回も
言わなくても済んでいるし、あれこれ言うことも少ない。

今宵は、食材に関してのことで、妻の介護には
直接影響はないのだが・・・・

盛る分量が多すぎ、野菜1束、ぜーんぶ使いきっちゃた・・・

明日の夕食にも使うように、メニュー表に書いているのだけど。
初めてなら仕方ないけど、これで3回目。

妻もさすがに「多いよ~」と言っていたとお義父さん。

頼む、ウサギさんじゃないからさ・・・・・( ̄。 ̄;)ブツブツ

どうも、今度の新しい二人とはうまくかみ合わないな~
介護自体はしっかりして頂いているよう
だけど、妻の着替えとか
細かいところが、引き継ぎがうまくなされていないのか、徐々に
ずれていったのか、違う点が目につく。(あれこれ書いた留意事項
も新たに作成しているんですけどね)

平日に入っていた二人に立て続けに辞められると、もう一から
やり直しも同然。

「いらいらしちゃだめだろ!」と自戒もする。

だけど、自分もにんげんだもの。

「優しくて、介護熱心なだんなさん」じゃないよ。


なんで自分に任されっぱなし、相談しても何も一言もいわない。

少しは労をねぎらってくれないのか・・・

たまには、おれだって、友人と飲みたい、遊びたいよ。


失語症 [症状]

妻には命と引き替えに、失語症という障害が残っている。失語症は認知症や器官の異常ではなく、話す、聞く、読む、書くと言った機能が損なわれる症状である。

失語症や妻の脳出血の要因である脳動静脈奇形、障害については妻と同じ病で20代の頃に倒れられた向日葵さんのHP「ひまわり通信」を大変参考にさせて頂き、かつ励みとさせて頂いたこともしばしば。妻が全くの意識不明だった最初の3ヶ月は、夜中に治療法や症状についてあれこれと検索しまくったものだ。

失語症者、言語聴覚士になる―ことばを失った人は何を求めているのかまた、失語症についてはNHKにでたこともある、自らも失語症となり、それを克服し言語療法士となられた平澤哲哉さんの著書も、失語症者の気持ちを理解する上では、参考になるし、読みやすい本だと思う。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。